LabVIEWでPID

LabVIEW Control Design and Simulation Moduleがあれば
LabVIEW PID Control ToolkitがなくてもPIDのコントローラが作れる。
(もちろん、速い制御は難しいが、温調のようなものなら簡単)
リアルタイムに積分や微分が可能である。
温調を作る場合はAnti reset windupをかけないと
飽和状態における積分動作が効きすぎてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください