熱電対をDAQに

よく知られていることだと思うがはまったのでメモ。熱電対をNIのDAQに浮動で繋ぐときは、GNDと熱電対のマイナス側を抵抗100kΩ程度で繋いでおく必要がある。さもないと、電流ループがなくなって、電圧が上昇し、測定範囲外になってしまう。その結果、信号がプラス・マイナスに飽和する。

参考:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください